恐竜論

二章:恐竜時代の幕開け

第1節:ついに恐竜が出現した
三畳紀も後期になって、ようやく恐竜が出現した。 最初の恐竜として最も有名な恐竜は、エオラプトルである。最初期の恐竜としてはほかにヘレラサウルスとスタウリコサウルスがいる。 この3種でどれが最古の恐竜であるかというのにはいろいろと意見がある。 一般的に、エオラプトルが現在知られている最も原始的だと思われているが、実際にはスタウリコサウルスが三畳紀中期に出現している。 恐竜の化石は極めて不完全なので、ほかの恐竜のほうが先であったかもしれない。 本誌においては特に一種類だけを選ぶのではなく、この3種に関してそれぞれ解説していく。 このころの恐竜は、どれも小柄で、ほかの動物の影に隠れて生活していた。 というのも、この時代にはまだ大型の爬虫類が地上を支配していて、恐竜がそこへ参入する余地はなかったのである。

第2節:最も恐竜に近い爬虫類
三畳紀後期に、最古の恐竜エオラプトル等の前に出現した、爬虫類が恐竜になる前の、しかし恐竜に近い種がいた。 この種は全長約30センチメートルで恐竜の祖先と考えられている。 それが、ラゴスクスという動物である。この爬虫類は、研究者の中には恐竜として扱う者もいる。 恐竜に極めて近いこの種は、また、翼竜の祖先としても極めて近い種である。 筆者はこの爬虫類を恐竜に分類しないが、分類したならば終章で述べている筆者の意見を覆すかもしれない。

第3節:夜明けの泥棒
恐竜を語る上で非常に重要な恐竜が、このエオラプトルである。 この恐竜は、今のところ最も原始的だと考えられており、研究者の中には恐竜に含めないとする者もいる。 おそらく前項のラゴスクスを恐竜に含めるような学者はこの種もまた恐竜に含めるだろう。 夜明け泥棒というこの学名は恐竜時代の黎明期に存在して事に由来する。 原始的な骨格を持つ肉食恐竜である。 エオラプトルの化石はほぼ完全な形で発見されたのは比較的有名である。 上あごの奥歯はのこ歯状であるが、前歯は木の葉に似た特殊な葉であった。 このことは、この種から恐竜が始まり、やがて肉食と植物食が分化したことを意味するのかもしれない。

第4節:ヘレラのトカゲ
ヘレラサウルスはアルゼンチン北西部で発見された小型の肉食恐竜。 小型とはいえ、ほぼ同時期に生息したエオラプトルに比べると数倍大きい。 化石自体はアルゼンチンで発見されているが当時はほぼひとつの大陸、超大陸パンゲアの時代であったため広く生息していた可能性がある。 ヘレラのトカゲという学名は発見者ビクトリノヘレラに由来する。 ちなみに先述のエオラプトルのラプトルは、ラテン語で泥棒という意味で、ほかの中型肉食恐竜に多い学名である。 ヘレラサウルスのサウルスは、ラテン語でトカゲという意味で、多くの恐竜につけられている。 このことは、恐竜がまだ動作が緩慢な爬虫類であったというイメージであったころにつけられたことを物語っている。 ちなみに、サウルスをザウルスと書いたり発音したりする人を間違いであると正す人間がいるが、これはラテン語という一種の外国語の表記の問題なので特に訂正する必要はない。 サウルスは表記をベースに、ザウルスは発音をベースに書いている。一般的には前者のほうが広まっているので本誌においても前者を使用する。 閑話休題、この恐竜の特徴は足首より太もも部分が長い足を持っていることや、頭部が短いことだ。 ほかに足首よりも太もも部分が長い足を持つ有名な恐竜が存在するが、それはまた後に記すことになるだろう。

第5節:南十字星のトカゲ
スタウリコサウルスという、少し覚えにくい名前であるせいか、あまり一般には知られていない最古の恐竜のひとつである。 生息時期で見ると、実際には一番古い恐竜である。三畳紀中期に現在のブラジル付近に生息していたと見られる。 化石記録としては不完全で、頭部の一部など、わずかしか残っていないが、おそらくは俊敏なハンターであったと考えられている。 本誌で紹介したこの三種はともに近縁種で、獣脚類と竜脚類の分化の後に出現したと考えられている。 本種はブラジルに生息していたが、非常に近い種、スタウリコサウルス科の恐竜は超大陸パンゲアに広く生息していたようである。 本誌は図鑑ではないので簡単な紹介にとどまったが、興味があれば図鑑を見るなりしてより深い知識を手に入れるといいだろう。

第6節:分化が始まる
三畳紀末には、今まで恐竜の主流だった獣脚類だけではなく、そこから分化した古竜脚類なども出現した。 プラテオサウルスなどである。このころからそれまで主流だった爬虫類の支配力が弱まったようである。 プラテオサウルスは最も初期の大型植物食恐竜のひとつで、現在のヨーロッパ地域の広い範囲で生息していた。 このころの竜脚類はまだ二足で立ち上がることが出来たであろうと考えられている。 このころから肉食と植物食の明確な分化が始まった。

第7節:恐竜時代前夜
ここまで恐竜時代の幕開けである三畳紀に関してある程度具体的なことを記してきたので、三畳紀の概説を記しておく。 三畳紀に恐竜が現れる前の地球を支配していたのは後に我々哺乳類に進化する哺乳類型爬虫類という生物であった。 古生代末期がこの生物群の全盛期で、このころの陸地は超大陸パンゲアを形成していた。 この生物群は三畳紀になっても発展を続けたが、三畳紀末の大量絶滅で絶滅した。 そしてそれまでこれらの生き物の陰に隠れていた恐竜が支配者として出現したのである。

第8節:そのころの海生爬虫類
初期の海生爬虫類は既に記したとおり魚竜が繁栄した。 この魚竜は、恐竜が出現し、地上を支配し始めた時代よりも前に出現し、海中を支配していった。 このころの魚竜は、まだ背びれがなく、尾も直線的であった。 魚竜はひれ足をつかわず発達した尾をくねらせて泳いだ。 この時代の魚竜として有名なのは三畳紀中期に生息したキムボスポンディルスである。この種もまた先述の初期魚竜の特徴を持っている。 その他、この種は魚竜としては9〜10メートルと、それなりの体長があった。長くて先が細く伸びている平たい尾ひれが特徴的である。 魚竜のほかにこの時代海に生息した海生爬虫類は他に多くの種がウミガメのような甲羅を持っていた板歯類や、首長竜ににた偽竜類が存在した。

第9節:そして翼竜
翼竜は、恐竜と同じように三畳紀後期に出現した。 実は恐竜ではないことは既に述べたが、恐竜に一番近い種族である。 初期の翼竜は比較的小さかったが後の大型の翼竜と同様に非常に軽いつくりとなっている。 運動能力をコントロールする小脳が発達しており、視覚も鋭かったと考えられている。 この時代のそれなりに有名な種は存在せず、恐竜よりもさらに陰に隠れた生き物であった可能性がある。 ジュラ紀に入ると翼竜もいよいよ本格的に進化することとなる。
BACK