松本城

Matsumoto-Castle

概要

松本城は、黒漆塗りの外壁が特徴の複合連結式層塔型天守を持ち、その外観から現在では烏城とも呼ばれる。現存12天守の一つであり、その中では唯一の平城。また天守は最大の姫路城に次ぐ大きさを誇り、層塔型としては最大。12天守の中でも、本城の天守は国宝に指定されており、姫路城、彦根城、犬山城、松江城とともに国宝五城と呼ばれる。松本城天守は外観こそ層塔型であるが、内部構造からは望楼型としての性格も持ち合わせている他、大天守より辰巳附櫓・月見櫓が連結されているなど他の珍しい構造であることが知られる。望楼型天守から層塔型天守への過渡期的性質を持つ一方で、後期望楼型天守として知られる姫路城天守で見られる巨大木造建築としての、あるいは要塞としての工夫が松本城天守では見られないなどといった様式面でも、歴史資料からも、天守の建造年すら定かで無い。現在最も有力な説は、最初連結式望楼型天守として築かれ、後に層塔型として改築されたというものである。ちなみに2016年現在、松本城は姫路城のように世界遺産でもなければ、彦根城のように世界遺産暫定リストにも掲載されていないが、現在単独で登録されている姫路城をシリアル・ノミネーションとして「日本の近世城郭群」の名前で拡大し、他の国宝四城とともに世界遺産として登録する計画がある。

基本情報

指定文化財
特別史跡・国宝
登録史跡位置
長野県松本市
様式
縄張 輪郭式・梯郭式複合縄張・平城
天守 複合連結式層塔型5重6階

ギャラリー

BACK